<< 演出メモ 7 | main | オーディションの結果 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | -
演出メモ 8
 先回の演出メモ7で、実験劇場の「フツーの演劇」について書きましたが、今日は、じゃあ、どんな作品をやって来たのか・・・、レパートリーを記します。

 1991年の11月にしずおか演劇祭は始まりました。その第1回目のレパ(作品)は、今年の2月に上演した「決定版 十一ぴきのネコ」(作、井上ひさし)でした。以降、8回まで演劇祭は続き、そのレパ群は以下の通りです。
                                         #2 1993年・ 3月 活劇ミュージカル「宝島」(作、寺山修司)
 #3 1994年・ 3月 スペクタクルファンタジー「12の月の物語」(作、ボー    マルシェ)  
 #4 1994年・11月 集団創作劇「トリップスター」
 #5 1995年・11月 「モモと時間どろぼう」(作、エンデ)
 #6 1997年・ 3月 ドリームファンタジー「青い鳥」(作、メーテルリンク)
 #7 1998年・ 3月 恋の面白まじめファンタジー「夏の夜の夢」(作、シェイ    クススピア)
 #8 1999年・ 4月 水のメルヘン「夜叉ヶ池」(作、泉 鏡花)

 この回まで演劇祭は続き、2001年、しずおか演劇祭実験劇場として再開しました。
実験劇場のレパは以下の通りです。

 #1 2001年・ 4月 もうちゃんの「好色」ものがたり(原作、芥川龍之介)
 #2 2003年・ 2月 仮宿橋物語「夢の乱」(作、佐野 曉)
 #3 2004年・ 3月 天守物語(作、泉 鏡花)
 #4 2005年・10−11月 「羅生門」(作、佐野 曉)
 #5 2007年・ 2月 ・・・はるか伝説の島の<クライトン>(原作、Jmバリ    ー 台本、佐野 曉)
 #6 2008年・ 2月 ミュージカル「決定版 十一ぴきのネコ」(作、井上ひさ    し)
 #7 2009年・ 2月 『鼠小僧治郎吉』(仮題)・・・・・<現在、準備中>

 以上です。

 ご覧の通り、作品群名はみんなフツーの演劇といっしょです。一応、全作品の演出を私
佐野が担当して参りましたが、公演を重ねるごとに、作品の細部に試みを重ねるごとに、
つまり、原作のままでは上演が難しいので、細かく具体的に作品に関わり、潤色化を試行しながら、わたし達の「劇づくり」はフツーなんだと考えられるようになった・・・と、
言えましょうか・・・。
 かって、アンダーグランドの劇の方法は、新劇的な巧拙を離れたところにあって、そこ
のリアリズムを乗り越えようとしていました。その方法の根っこは「出演する者」の個の肉体性に拘る姿勢があった・・・個の私史性の露出とでも言えましょうか、ドキュメンタル趣向がありました。私、佐野もその渦中にいた者として、障害者と健常者がいっしょにという発想の劇を担うにあたって、戸惑いながらもアンダーグランドの感覚を思い出して、改めて方法化していたと言えます。出演者の個(心ごと身体ごとの)の露出を軸に、劇をみつめればいいのだ・・・・・ならば、対応は出来ようと。

                             
                            佐野 曉
 




| しずおか演劇祭実験劇場とは? | 演出メモ | 16:31 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:31 | - | -
COMMENT
PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
OTHERS
みんなのブログポータル JUGEM