<< かつらあわせ | main | お陰参り >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | -
演出 メモ
演出メモ 15

 本番まであと3週。キャスト・スタッフ・制作共々、追い込みも佳境に入り、熱くきびきびとしています。頼もしく思います。2月14日(土)15日(日)が楽しみです。 

 ところで、私は演出メ1で、演技について次のようなことを記しています。

 ステージの演技はどんな人でもできる。この確信は演劇祭の演出を始めた時からありました。アンダーグランドの演劇を体験していたからだと言えましょうか。
 アンダーグランド(アングラ)の劇づくりのメリットは、既成の演技術を基準にした上手い下手を目標にするのではなく、出演者夫々の「個」がどれだけエキサイティングに或いはエキセントリックに、のびのび見えるかを大切にしたところにあります。何より個々の自由な演技が、個別的感覚が尊重されたと言えましょう・・・。ですから、誰もが参加できたのです。
 素人のオルギー(遊興)の偏重と批判される側面はありましょう。が、知らず知らずに個がみせる演技の素朴さは、愉快な露出もあって、自意識を捏(こ)ねた、これが演技でございます的演技よりも質量の濃い、ドキュメンタルな迫力があります。
 演劇の面白さを出来合いの価値観で決めてしまっては「もったいない」と思います。

 以上の考えかたは、勿論、現在も変わっていません。それどころか「義賊と殿様」の稽古場にいてドキュメンタルな面白さを実感しています。
 しずおか演劇祭実験劇場は心身に障害があろうとなかろうと、オーデションで選ばれた出演者が自身の演技力に出会い、その底力競うステージ造りを試みています。
 ですから、出演者が自身の演技力に出会う個々の「瞬間」を大切にしているのです。それは夫々の個が「生きることの底力」に出会う「瞬間」でもありましょうから・・・。

                             佐野 曉


  
| しずおか演劇祭実験劇場とは? | 演出メモ | 11:37 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:37 | - | -
COMMENT
PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
OTHERS
みんなのブログポータル JUGEM